© Kensaku Kakimoto

ライカカメラジャパン株式会社は、映像作家そして写真家として国内外で幅広く活躍する柿本ケンサク の写真展 「Knock」 を、ライカギャラリー東京にて2018年4月13日から7月1日まで開催いたします。

" 思いがけず目の前に現れる風景や交差する人の眼差し、色、熱、香り。
その扉を叩いて偶然に焼き込まれた記憶。
私は、ただそこに吹く風や水のように漂っていた。その記憶は今、美しく光を放つ。” 柿本ケンサク

今回の写真展では、柿本ケンサク氏が目の前にある世界の断片を無心にとらえた作品14点を展示いたします。

 

◆ 写真展概要
作      家:  柿本ケンサク
タイトル: Knock
期      間: 2018年4月13日(金) - 7月1日(日)
会      場: ライカギャラリー東京 (ライカ銀座店2F) 
          東京都中央区銀座6-4-1   Tel. 03-6215-7070

柿本ケンサク プロフィール
映像作家・写真家。映画、コマーシャルフィルム、ミュージックビデオを中心に、演出家、映像作家、撮影監督として多くの映像作品を手がける。柿本のフィルム作品の多くは、言語化して表現することが不可能だと思われる被写体の体温や熱量、周辺に漂う空気や気温、時間が凝縮されている。対照的に写真家としての活動では、演出することを放棄した時に、無意識に目の前にある世界の断片を撮り続けている。
2016年1月、代官山ヒルサイドフォーラムにて写真展『TRANSLATOR』展を開催。同年11月、ART PHOTO TOKYOに参加。2017年6月、ニューヨークでの初めての写真作品による個展「HYOMEN」をTaka Ishii Gallery New Yorkにて開催。同年、写真集「TRANSLATOR」を発表。映像、写真という境界を越えた活動を広げている。

【ライカギャラリー東京】柿本ケンサク写真展「Knock」

Дата
13.04.18 - 01.07.18
Расположение

Leica Gallery Tokyo

6-4-1 Ginza Chuo-ku Tokyo

Номер телефона: +81 (0) 3 6215 7070
Факс: +81 (0) 3 6215 7071
Электронная почта:
Веб-сайт: http://jp.leica-camera.com/ライカの世界/世界のライカギャラリ―/ライカギャラリー東京/ライカギャラリー東京

Часы работы:
Вторник – воскресенье с 11:00 до19:00
Наиболее популярные